ADの仕事

ADの主な業務

◆リサーチ

研究・調査。ディレクターから指示された
テーマ(番組内容)について調べる業務。
インターネット、新聞、雑誌、図書館等で
調べる。ネット情報だけでなく、必ず正確
なものを調べ、レポートとして仕上げる。
番組制作の上で一番重要なポイント。

◆ロケハン

ロケ本番に行く前の下見。当日スムーズに
進行する事が目的。場所、交通手段、飲食
の場所。具体的には、雨が降った場合ロケ
地の変更は可能なのか?タレントさんの
控室の場所はあるのか?など。
スタッフのみで下見(ADのみの場合も)。

◆ロケ

演者、技術、制作スタッフ等が参加する。
ADは、ロケハンした事を参考に次の場所
へ先回りして準備をする。ディレクターの
指示でカメラを使用する事もあり。
後程絵を撮影出来ていなかった事がない
ように、台本通りに進行していく業務。

◆編集

ロケ・スタジオで収録した映像をつなぎ、
テロップを入れるという作業。ADの仕事は
追加映像の確保、映像素材の修正箇所
のチェック、編集室のケータリング手配等。
また、PCを使って必要と思われる部分を
整理するオフライン作業という事もあり。

とあるADの1日

今日は昨日放送した番組の視聴率の分析を行うために、早めに出社しました。

まずはメールチェック・デスク周りの掃除。すっきりした気持ちで、いざ視聴率の分析へ。
分析したところ、視聴率は・・・ぼちぼちでした。
目指せ、高視聴率!今日も1日頑張ります。
その後、午後の会議に向けて資料を作成。使用する会議室の準備もします。

会議前に、先輩AD・ディレクターとランチをしながらミーティング。会社近くのパスタ屋さんへ。
ミーティングの内容は、明日のロケハンについてでした。
しっかり準備を整えて明日に臨みます。
ミーティングが終わったところで、次は会議へ。
会議が終わったら小休憩をはさんで、会議の議事録を作成!

夕方からはロケハン!
明日のロケのお弁当手配と、使用機材をチェック。大きな問題はなく順調に進んでいます。

準備も整ったところで、いざロケハンへ・・・。
現場の環境を調べたり、ロケ地となるお店の方に、企画についての説明をさせて頂きました。

ロケハンから帰社。
ロケの資料・スケジュールを作成し、関係者にメールやFAXで送信します。
ロケハンで調査したデータをもとに、当日の流れを調整していくことも。

明日はいよいよロケです。早く帰って明日に備えます!お疲れ様でした!

スタッフのコメント

 
【スタッフプロフィール】
26歳、男性
大学卒業後、タレントのマネージャーとして勤務。
3か月の派遣後、紹介予定派遣で企業の契約
社員となる。
ADからスタートし、現在は制作進行のお仕事も
任されている。

ADになったきっかけ

最初は、ADなんて体力仕事は自分には向いていない、と感じていました。
でも、それを考え直すきっかけを見つけた時がありました。テレビや様々な媒体を通じて、モノを伝える立場を作って
いく事が自分の本当のゴールである事に気付いた時、です。
もちろんそれはプロデューサーでないと出来ない仕事で、ADには出来ない仕事です。しかし、ADを経験しなくては
プロデューサーにはなれません。
つまり、ADは番組を創っていく人間達への入口であり、通過点である。そう考えることによって、自分の中のADの
イメージが変わっていきました。
体力も知力もない僕ですが、今でもADを続けていられるのは、そんなゴールに対する想いを強く持っているからだと
いつも感じています。


これからADを目指す人へ

ADははっきり言って大変だと思います。「え?そんなこと可能なんですか?」なんて思う様な仕事も多々あります。
ですから、覚悟は必要です。
でも、「ADの仕事があるからこそ、ディレクターやプロデューサーが動ける」それくらい、重要な仕事を任されて
いるとも思っています。
頼まれる仕事の内容は、ものすごく細かいものから、ものすごく大きなものまで多種多様ですが、少なくとも自分の
動きが番組の軸をほんの少しでも動かしている満足感を皆さんも感じることが出来ると思います。
あとは、皆さんの持ってる夢を常に信じ続けること。
もし一緒にこの業界で仕事をして、「大変だなぁ」「面倒だなぁ」と感じた時は、いま抱いている大きな夢を叶える
通過点だということを忘れずに…。


「マスコミ求人.com」を利用して良かった事は?

いろいろな話を聞いてくれる、安心して仕事できるところだと感じました。
仕事先で戦った故に感じた疑問や質問も、丁寧に対応してくれますし、もちろん、ケアはその前の面接から、さまざま
なアドバイスをくださいました。
ひとことで表現すると、「サポートが手厚い!」…そんなところですね!


この仕事を漢字一文字で表現すると

「楽あれば苦あり」「楽は苦の種苦は楽の種」。
楽は苦を、苦を楽を生むことになると言われます。今の苦労は将来の楽につながるから耐え忍ばなければなりません。
まさに、ADの仕事そのものだと思い、この「楽」という漢字を選びました。

転職・就職のご相談はコチラ

まずはあなたのご希望をお聞かせ下さい。

登録する

求人応募はコチラ

応募にはWEB登録が必要です。

応募する