検討リスト

新規会員登録

応募書類の作り方・面接のアドバイス

応募書類の作り方

応募書類は企業とのファーストコンタクトとなるものであり、あなたを売り込むためのプレゼン資料でもあります。
応募書類作成における「3つのチェックポイント」と「3つのNG」を押さえ、面接へと進んでください!

3つのCheckpoint

読みやすいか?
採用担当者が書類に目を通す時間は約2分と言われています。その短時間で自分のことを理解してもらうには、何よりも「読みやすさ」が重要です。
形式は決まっていませんが、手書きの場合は一字一字丁寧に記入し、パソコンで作成する場合には変換ミス等に気を付けて作成するように。
A4サイズ1~2枚程度にまとめるようにしましょう。
改行やレイアウトへの配慮も忘れずに。
分かりやすいか?
最大限に自己アピールをしようとするがために、「あれもこれも」と盛り込みたくなるのが応募書類ですが、情報量が増えれば増えるほど伝わりにくくなり、いちばんのアピールポイントが埋もれてしまうおそれがあります。
分かりやすさを意識して、簡潔な文章でコンパクトにまとめるのがポイントです。
具体的か?
具体性のない応募書類では、採用担当者の印象ダウンは避けられません。
「どんな業界で、どんな職務に携わっていたのか」は部署名や役職まで明記すること、「どんな経験を積み、どんなスキルがあるのか」は、成果や実績をデータで示すことが大切です。
採用担当者に、あなたの経験や能力を正確に把握してもらえるような書類作成を心がけましょう。

3つのNG

読みにくい…
フォントや文字サイズが一部だけ異なっていたり、レイアウトが崩れていたり・・・。
こういった読みにくい応募書類はNGです。
丁寧に細かいところまでこだわれるかどうかは、書類ひとつにも表れるもの。
あなたの仕事の精度を疑われてしまうかもしれません。
だらだらと長い…
いくら丁寧でも、だらだらと長い応募書類は嫌われます。
マスコミ業界の仕事の本質は「人に何かを伝えること」
要点を明確に伝えられないようでは、業界への適性に疑問を持たれてしまいます。
理想は、パッと見ただけであなたの魅力が分かるような応募書類です。
内容があいまい…
「売上UPに貢献した」
「プロジェクトメンバーとして尽力した」
「リーダーを務めた」
などのあいまいな表現では、採用担当者に何も伝わりません。
ただ「頑張りました」だけではなく、会社にどれだけの価値をもたらしたのかを示すため、具体的な数字や実績を出すのがいいでしょう。

面接のアドバイス

書類審査を通過したら次は面接です。30分程度のわずかな時間でどれだけ自分をアピールできるか? 「あれを言えばよかった・・・」「何であんなことを言っちゃったんだろう・・・」と後悔しないよう、 以下のポイントを押さえておきましょう。

要点を簡潔に!

「では、自己紹介をお願いします」というように、ざっくりとした質問を振られることも珍しくありません。
その際の話は、長すぎても短すぎてもいけません。これまでの人生を延々と語っても面接官にウンザリされるだけ。
淡白すぎても自分の特長を伝えきれません。事前にしっかりと要点をまとめ、簡潔に話すのがポイントです。

下調べは必須!

面接の終わりに「何か質問はありますか?」と聞かれることがあります。
聞きたいことがあれば遠慮なく質問して問題はありませんが、事前にホームページなどを見ておけば分かるようなことを聞くのは失礼です。
あらかじめ企業の下調べをしたうえで、質問をいくつか用意しておくといいでしょう。

的確なアンサーを!

「自分を売り込もう!」と気負いすぎて、一方的な自己PRに終始して失敗してしまうケースがあります。
面接はあなたの演説会ではありません。
面接官の問いかけをよく聞き、落ち着いて意図を汲み取り、的確な答えを返すといった基本的な会話のマナーをお忘れなく。